ABOUT | 粋衣-swi-

ABOUT

「自然・調和・暮らし」

私たちは、静岡県西部地域「遠州」と呼ばれる繊維の産地で織られた「遠州織物」を生地に用いて、洋服やバッグなどを製作しています。地域にある魅力的な素材の価値を、地域の皆さんに再発見してもらえるよう、地域に根差し、地域の方にこそ着ていただきたいという想いから、「エシカルなモノづくり」を目指し、一つ一つ丁寧に愛情を込めて作りあげています。

「女性の暮らしと仕事」
「粋衣」のブランドを運営する理由の一つに、『仕事を生む』というテーマがあります。
いろいろな役割を担う女性にとって、自分の強みを生かせる仕事に継続的に就くことは簡単なことではありません。そこで、「粋衣」は服作りで生まれる『仕事』を、地域の「服作り」を仕事にしたいという想いを持つ女性たち委託しています。仕事を通して、「働くこと」以上の価値、例えば「社会とのつながり」「特技を生かせる楽しさ」「幸福感」「心の豊かさ」を共有することは、限られた条件の中で仕事をする女性たちにとって、とても大切なことだと考えています。

「遠州織物産地」
静岡県西部に位置するブランド運営の拠点である浜松市は、江戸時代から綿花栽培が盛んで、高度経済成長期には繊維織物産業が主幹産業だった歴史のある繊維の街です。ここで生まれる「遠州織物」は、質の良い天然繊維として国内外に知られています。そんな伝統と歴史ある「地域産業」という背景への誇りと愛着を持って、製品には「遠州織物」を使用しています。